リフォーム業者に騙されるな!信頼できる業者はココが違う

安易に決めてはいけないリフォーム業者

信頼できる業者に申し込むには?

新築で購入しても、何十年も住み続けていれば、家のあちこちに問題が出てきますよね。 また、「防音にしたい」「壁をきれいにしたい」など様々な理由からリフォームを考えている方もいるのではないでしょうか。 オーダーメイドで契約できる業者もあるので、自分に合った内容を選びましょう。

契約時に注意すること

契約時に注意しなければならない点がいくつかあります。 まず契約書を必ず交わすようにし、いざとなったときの物的な証明になるよう必ず書面で行うようにしましょう。 説明後すぐに押印をするのではなく、契約書面のコピーをもらったうえで、押印をすることが最も安全といえるでしょう。

リフォームについて

住宅のリフォーム、建設関係の業者は全国に約数十万あるといわれています。
そんな数多くの業者の中から、自分の要求にあった業者を探すのは大変ですよね。
中には、悪質業者もたくさんあります。
建築関係の知識があれば、見分け方もわかりますが、特に知識がない場合は難しいことかと思います。

悪徳業者の中でも、特に気を付けておきたいのが「訪問販売の業者」です。
もちろん、すべての業者が危険とは限りませんが、被害に遭った方のほとんどが訪問販売で騙されたということが多いようです。
被害者は主に70代から80代といった年配の方が多く、被害額も高額です。
被害額は100万円を超えていることがほとんどです。
ご高齢の夫婦のみで暮らしている場合などは、その場ですぐに契約するのではなく、専用のセンターに相談するなど事前の対策が必要です。

インターネット上では、優良かつ評判の良い業者を紹介している仲介業者もあります。
自分で調べるのはちょっと、といった方でも手軽に調べることができるのでおすすめです。
また悪徳業者がどのような手口で話を持ち掛けてくるのか、など実際に被害に遭われた方の体験談を掲載しているサイトもあるので、一度目を通してみるのも良いかもしれません。

インターネットが進化していくとともに、年々リフォーム詐欺の手口も巧妙になってきています。
自分は被害には遭わないと油断することはとても危険です。
またご高齢のご家族がいる方は、そういった話を持ち掛けられた際は必ず相談するよう事前にルールを決めておくことも大切です。

必ず事前に調べておくこと

1社のみで決めるのではなく、数社見比べたうえで契約する方が良いでしょう。 値段の違いもありますが、申し込める内容の違いもあります。 また、その業者で実際にリフォームをしたことがある方の口コミを調べてみるのも良いでしょう。 トラブルが起きた際にどのような対応をしてくれるのかなどを知っておくことも重要です。