安易に決めてはいけないリフォーム業者

>

契約時に注意すること

申し込み時の注意点

被害に遭わないために、前もってどのような業者が悪徳であるのかを知っておくべきでしょう。
例えば、請負契約約款は文字が小さく、読むのも億劫になると思いますが、リフォームにおいて重要なことが記載されているので、必ず隅々まで目を通しましょう。
わからない点がひとつでもあれば、業者に質問をしましょう。

また確実な記録を残すには、ボイスレコーダーで会話の録音をしておくのもひとつの手段です。
些細な工事でも必ず契約書を交わすようにし、何度も電話をしてきたり訪問をしてくる場合は、警察に連絡しましょう。
見積書は詳細が記載されているものを依頼るようにしてください。
細かい内容が記載されていないと、トラブルが発生した際にどういった内容で契約が交わされていたのかがわからなくなってしまいます。

クーリングオフの活用

もし、悪徳業者と契約をしてしまった場合は、「クーリングオフ」を活用してください。
クーリングオフとは、一度交わした売買契約を契約書面を受け取った日から8日以内であれば、購入者側が一方的に契約解除できるという消費者を守る制度のことを指します。
業者によっては、工事が始まっているうえに契約してしまったからクーリングオフはできないなどと言ってくる業者がいますが、これは契約解除させないための虚偽の主張です。
また事前に郵送物を送っているにも関わらず、届いていないから無効だという主張をしてくる悪徳業者もいます。

悪徳業者側が話し合いに応じなかったり、個人で対応するのに限界を感じた場合は、迷わず弁護士や行政書士に相談しましょう。
特に悪質な業者であった場合、クーリングオフを阻止しようと妨害をしてくる業者もいます。